高齢者安否確認通報機と電話回線につなぎ方

高齢者安否確認通報機と電話回線につなぎ方と電話料金

○一般公衆回線、アナログ回線と安否確認通報機とのつなぎ方
一般公衆回線、アナログ回線と安否確認通報機とのつなぎ方
市販の電話線二股ソケットの例、通報機と電話機を接続する側。

 

ISDN回線、光電話回線と安否確認通報機とのつなぎ方
一般公衆回線、アナログ回線と安否確認通報機とのつなぎ方
モデムに複数のアナログポート(電話機の差し込み口)がある場合。空きのアナログポートの1つを安否確認通報機に接続します。

 

一般公衆回線、アナログ回線と安否確認通報機とのつなぎ方
モデムにアナログポート(電話機の差し込み口)が1個だけで、既に電話機が繋がっている場合。電話線の二叉ソケットを使用します。二叉ソケットの一方に電話機、もう一方に安否確認通報機を接続して両方を利用出来るようにします。

 

 

○本システムを利用して自動電話通報が作動した時にかかる料金の目安。
本システムは、電話通報を行う際に既に建物に敷設されている固定回線(アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線、光電話回線)などを、 通報するときだけ一時的に利用して緊急連絡を行います。本製品専用の固定電話回線は必要ありません。
電話動作がスタートすると、既設の電話回線を使って登録された電話番号を自動的に呼び出しし、相手先が電話に出ると音声アナウンスが流れてきます。 1先へ通報を行う度に1回10円程度の電話料金を使って、機械が自動的に電話をかける運用イメージとなります。 通話料金は全て電話会社からの電話料金請求となります。

 

電話料金は電話環境(通報する側と通報を受ける側の電話環境)により変わります。
電話料金の目安(2016年7月現在) 
電話料金プランは電話会社によって変わります。詳しくはそれぞれの電話会社にご確認をお願い申し上げます。
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側) → NTT固定電話へ通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間10円
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側) → au携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間90円
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側) → ソフトバンク携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 約15秒 11円

 

 

質問 NTT東日本のひかり電話ですが、自動電話通報機は使用できますか?
数十年前からある一般的な電話機や ファックス機をそのまま利用できる光電話契約でしたらご利用いただけます。 ご注意点ですが、光電話契約の中にIP電話回線専用の電話機やファックス機しか利用できない光電話回線契約がございます。 そちらの電話回線ですと自動電話通報機は使用できませんのでご確認をいただければと存じます。