ドアの開閉を検知し安否確認通報機に無線信号を発信します。

安否確認ドアセンサー

安否確認ドアセンサー
無線信号発信器機を内蔵した電池式ドアセンサー。人のドアの開け閉めを検知し安否確認通報機に向けて電波信号を発信します。
標準の小型磁石1個付属。

 

お客様の生活サイクルに応じて、 トイレのドア、玄関、勝手口、冷蔵庫、寝室の扉などに設置してご利用いただけます。 1システムで複数個のセンサーをご利用いただくことも可能です。
センサー中央部の赤LEDで電池切れを確認できます。 電源はボタン電池(CR2032)で、ホームセンター等でお求めいただけます。 電池寿命は1日数回送信で約2年間です。 電池の交換はドアからセンサーを剥がすことなく行えます。

 

安否確認ドアセンサーと磁石
磁石とセンサー本体が対になっています。 それぞれの間の隙間が1センチ以上に広がると反応状態となります。
ドアセンサーは上の写真のように縦に設置してください。 センサーを横向きに取り付けた場合や、 センサー本体をドア側(動く方)、磁石を枠側の方に接着した場合に 電波の届く距離が短くなる事がございます。

 

ドアを閉めたときに、 磁石の平たい面がセンサー本体に接触するように接着、固定します。
ドアを閉めたときに、 磁石の平たい面がセンサー本体に接触するように接着、固定します。

 

片開き扉に安否確認センサーを設置する例
片開き扉に安否確認センサーを設置する例。ドアの上からみたイメージ図。

 

 

引き戸にセンサーを設置する場合。
引き戸にセンサーを設置する場合。 扉を閉め切ったときにセンサーと磁石がぴったりくっつくような位置に設置します。

 

引き戸に設置する場合は、磁石用L字金具もしくは磁力の強い大型マグネットを御利用いただくことをおすすめします。誤作動が少なくすることができます。
大型マグネット
大型マグネット。センサーとの隙間が3p程度ひらいても監視できます。引き戸の設置する場合にご検討をおすすめします。

 

センサー本体のサイズ:縦約79o×横31o×厚さ11o 重量約23グラム
設置上のご注意 センサーと安否確認通報機は2m以上離して設置してください。

 

スマートホンからのお問い合わせご質問
スマートホン、iPhoneからの商品のお問い合わせは下のお問い合わせボタンをクリックしてください。
スマートホンからのお問い合わせ
こちらをクリックしてください。

商品のお問い合わせとご注文は上の、お問い合わせ、のボタンをクリックしてください。お問い合わせ欄が開きます。パソコンからご覧の方も御利用いただけます。

 

【販売担当】
株式会社LIBERO
937-0811
富山県魚津市三田3507-2
0765-24-2816
FAX:0765-24-2793

 

【個人情報の取り扱いについて】
お名前、住所、メールアドレス、内容などプライバシーに関連するものは差し出し人の許可なく外部へは漏らしたり転用したりするような事はございません。

 

メールのお問い合わせ
メールで直接のお問い合わせはこちらをクリックしてください。

 

※ご注意
パソコンから発信されるメールを着信拒否に設定されている場合は、ご注文確認のメールを受信できない事がございます。

 

パソコン用ホームページはこちらをご覧ください
パソコン用ホームページはこちらをご覧ください。

安否確認ドアセンサーへの質問と回答

1.時々誤作動が発生します。ドアセンサー〜通報機まで1m程しか離れていません。
センサーと受信部を持った通報機が近接している時、逆にセンサーの電波が強すぎて受信しにくくなるポイント(位置)ができてしまう現象が希に発生します。
センサーと通報機の距離を2〜3m程離して誤作動ができるかどうかをお試しいただけませんでしょうか?
※人感センサーの場合も同様となります。

 

2.ドアセンサーをつけたドアが開いた状態のまま放置されていた場合に不都合が起こりますか?
ドアが開いたままの状態が続きますと人の動きを感知することができませんので、通報機の安否確認タイマーのリセットがかかりません。 そのため在宅中で健康に問題の無い状況でも緊急通報の電話が作動する原因となります。

 

3.戸に安否確認ドアセンサーを接着したいと思いますが、隙間が開いています。
扉と扉の隙間の広い場合やガタのある場合には大型磁石の御利用をおすすめします。
センサーとマグネットの隙間、最大3pまでの余裕を持って作動します。 裏面の両面テープで貼り付けます。磁石サイズ縦:46o×横:15o×厚さ:15o-棒状の磁石です。引き戸の場合にもおすすめします。
大型磁石